カフリンクスをしているから〝フォーマル〟は間違い

記事が気に入ったらシェアお願いします!

「カフリンクスをしているから〝フォーマル〟」

は間違い

皆さん、こんにちは。

このブログは、〝洋服屋の一生モノブログ〟というタイトルからも分かる通り、キーワードは、〝一生モノ〟です。

「〝一生モノ〟というフィルターを通してモノを見る」ことで、世の中に氾濫したモノを一度篩(ふるい)にかけ、本当に良いモノだけを抽出していこう。というのが大きなテーマです。

スポンサーリンク

【1】歳を重ねて初めて似合うようになるモノ

突然ですが、皆さんの中で、

「もう少し歳を重ねたら、自分にも似合うようになるかなあ…」

なんて思いから、密かに用意しているものはありますか?

僕には「40歳くらいになったら、つけようかな」と思い、

密かにコレクションしているものがあります。

それは、「カフリンクス」です。

先に、紹介しておきますね。

Brooks Brothers のカフリンクス

全て、Brooks Brothers のカフリンクス

フォーマル・ウェア用 カフリンクス

フォーマル・ウェア用 カフリンクス

スーツ・スタイル / ジャケット・スタイル用 カフリンクス

スーツ・スタイル / ジャケット・スタイル用 カフリンクス

服装の中には、

「ある程度歳を重なることで、初めて似合うようになるモノ」

がいくつかあると思います。

その中のひとつが、

スーツ・スタイルでの「カフリンクス」の着用です。

「カフリンクス」とは、ドレスシャツやブラウスの袖口を留める〝装飾具〟です。

スーツ・スタイルに着用されたカフリンクス

スーツ・スタイルに着用されたカフリンクス

【2】カフリンクスの歴史と由来

「カフリンクス」はそれ単独で生まれたものではなく、

常にドレスシャツと共にあり、ドレスシャツと同時発展してきた

〝装飾品〟です。

現在の〝ドレスシャツ〟の原型が生まれたのは、16世紀のフランスだと言われています。

当時のドレスシャツは袖口に穴を開け、そこにリボンや紐を通して袖口を留めていました。

これが〝カフリンクスの原型〟と言えるでしょう。

この頃のリボンや紐の役割は、あくまで

「袖をまくる」という行為と、「布が手首を自然に包み込む」

ということを前提としており、

そういう意味で、かなり実用性が優先されていました。

しかし、さらに時代が進み17世紀に入ると、

袖口の仕様は次第に、

もうひとつの重要な役割を与えられるようになります。

それが、

「装飾性」です。

そしてこの時与えられた役割が、

現在のカフリンクスにそのまま受け継がれていくのです。

宮廷ファッションが絶頂に達したルイ王朝下の17世紀〜18世紀というのは、

国王や貴族たちが、自分たちが身に付けるものを豪華に飾り立てることで、権力と富を誇示した時代です。

中でも群を抜いていたのが、ルイ14世です。

ルイ14世肖像画

ルイ14世肖像画

服飾史上、この頃のヨーロピアン・スタイルの牽引役は、

フランスの宮廷ファッションでした。

この頃、ドレスシャツの袖口には豪華なフリルがつけられ、

そこに、これまた豪華なスリーブ・ボタンが装着されました。

それは、宝石と宝石を貴金属のチェーンで繋ぎ合わせたもので、

この上なく贅沢な装飾品でした。

宝石と宝石で袖口(カフ)を繋ぎ合わせる(リンクさせる)

これが「カフリンクス」の語源だとと言われています。

そして、1840年

ドレスシャツの袖の仕様に「フレンチカフス」が登場したタイミングで、

カフリンクスもほぼ現在の形になりました。

【3】「カフリンクス」を使用することの難しさ

17世紀〜18世紀にかけて花開いた、

フランス宮廷ファッションに起源を持つ「カフリンクス」。

これをスーツ・スタイルの中に組み込もうとすると、非常に難易度が高く、

相当スーツ・スタイルを熟知した男性でないと、

エレガントに使いこなすことはまず不可能です。

少なくとも僕はそう思います。

理由は2つあります。

①.スーツ自体がクラシックなモノであることが大前提

1つ目の理由は、

上質なスーツの用意があり、さらに自身の経験として、

クラシック・スーツの着こなしを熟知していることが大前提となる。

というものです。

なお、ここで言うクラシックの定義は「最高級の」という意味であり、

決して「古典的な」「懐古主義的な」というモノではありません。

質の高い生地と副資材を選択し、質の高い縫製技術で仕立てられたスーツを指します。

②シャツ・ネクタイなどとの調和が重要

2つ目の理由は、

「カフリンクスの選択」というのは、

クラシック(上質)なスーツの用意が整い、

それに見合う上質なドレスシャツを着て、

ネクタイを締め、ジャケットを羽織り、

最後に「じゃあ、カフリンクスをどうするか。」

といった類のお洒落だからです。

その時、最後の最後で、

キャラクターもののカフリンクスや、安物のカフリンクスでは、

全てが台無しになってしまうのです。

ですから、

〝カフリンクスを装着できるような男性〟になるには、

クラシック・スーツに対する自分なりのアプローチが必須であり、

それには、最低でも10年〜15年くらいはかかる

ということです。

現在、世界で一番クラシック・スーツとカフリンクスが似合う人物は、

チャールズ皇太子でしょう

チャールズ皇太子      チャールズ皇太子

チャールズ皇太子

チャールズ皇太子が時折見せる、

カフリンクスを止め直すような仕草は有名ですが、

そこからは、この上ない〝紳士の気品〟が感じ取れます。

カフリンクスも含めた全てのものが、

クラシック・スーツと見事に調和しています。

【3】「カフリンクスをしているから〝フォーマル〟」は間違い

このように、カフリンクスの使用には、

高度な「センス」と「前提となる経験値」が要求される

ということを踏まえると、

とうとうビジネスの場で、ネクタイをしなくなった

(ひどい場合、ジャケットすら着なくなった)

現在の日本人ビジネスマンには、もはや必要ないアイテムであることがわかります。

ですが、驚くべきことに、

ピタピタのスパッツのようなスラックスに、

ノーネクタイでシャツのみを着て、

袖口に、これ見よがしのカフリンクスを装着し、

極め付けにリュックを背負った、若いビジネスマンを良く見かけます。

くしゃくしゃになったジャケットを腕に抱えているので、

いざという時は、そのくしゃくしゃの〝ジャケットらしきもの〟

を着るつもりでいることだけは、辛うじて伝わってきます。

こんな人を見ると、思わず

「こんな身なりの人ができる仕事なんて、きっとたかが知れているんだろうな…。誰か忠告してあげれば良いのに…」

という気持ちになります。

どうやら、こういった若いビジネスマンの意識の中には、

「カフリンクスをすれば、ちょっとでもフォーマルに見えるのではないか」

「カフリンクスをすれば、ちょっとでも洒落物に見えるのではないか」

といった、安易な考えが蔓延しているようです。

本来は、

「フォーマル・スタイルには、カフリンクスが必須である」

「品格の備わった人物がカフリンクスをすると、洒落て見える」

というのが正解です。

先程のチャールズ皇太子のスタイルを振り返れば、一目瞭然ですよね。

現在の政治家も含めた、日本人のスーツ・スタイルを眺めていると、

「〝国家的に〟ジャケットとネクタイを捨て去った、日本の男」が、

〝本当の意味で〟カフリンクスを使いこなすことは、ほぼ絶望的になった

と言わざるを得ません…


【参考文献】

スポンサーリンク
関連記事

記事が気に入ったらシェアお願いします!