アメリカン・スピリットの象徴 〜ステットソン・ハット〜

 

 

アメリカン・スピリットの象徴

〜ステットソン・ハット〜

 

こんにちは。

10月に入り、すっかり秋らしい気候になってきました。

ここからは、ひと雨ごとに季節が進みますね。

もうすぐ冬です。

 

さて、今回は「一生モノのヘッド・ウェア」をやります。

夏に「ココナッツ・ストローハット」を紹介して以来なので、

かなり久しぶりですね。

 

僕が日常愛用しているハットは、

「STETSON(ステットソン)」のフェドーラです。

先に紹介しておきます。

 

【Brooks Brothers のSTETSON社製フェドーラ】

【素材は、ラビット・ファー・フェルト】

 

「フェドーラ(Fedora)」というのは、「中折れ帽」を指す米語で、

フランスの劇作家V.サルドウの戯曲「フェドーラ」」(1882年)がその名前の由来といわれています。

【1】19世紀のアメリカとSTETSON

STETSONの創業者である、ジョン・バタソン・ステットソンは、

1830年、東部のニュージャージー州オレンジの生まれです。

 

父のスティーブンは、この頃すでに「ノー・ネーム・ハット・カンパニー」という会社を設立しており、帽子ビジネスで成功していました。

 

【ノー・ネーム・ハット・カンパニー】

 

スティーブンの7男として生まれたジョンは、体が弱かった為、

健康を回復するため西部へと旅立ち、パイクス・ピーク登山探検隊に加わります。

 

そこで隊員たちは、寒さと雨風を凌ぐために、動物の皮で作った帽子を被っていましたが、

鞣し(なめし)加工を行なっていない原皮だった為、すぐに腐敗してしまいました

 

 

その後、見事パイクス・ピーク登頂に成功したジョンは、

1865年に、そこでの経験と家業を活かし、西部への帽子販売を始めることを決意しました。

 

そしてこの時立ち上げたのが、「STETSON」です。

 

ちなみに、この頃のアメリカというのは、

国が一気に開拓・形成されていった、正に激動の時代で、

 

1.西部開拓時代【Wild West】(1860年〜1890年)

の始まりの時期であると同時に、

 

2.南北戦争 (1861年〜1865年)

の真っ只中でもありました。

 

このような時代に、ステットソンは創業したのです。

 

そして1869年、ひとつの帽子を発表します

 

「ボス・オブ・ザ・プレインズ(平原の大将)」

 

 

この帽子が、

その後「アメリカのシンボル」と呼ばれるようになる「STETSON」の名を、世に知らしめることになります。

 

「ボス・オブ・ザ・プレインズ」は、

ジョンがたまたま出会ったカウ・ボーイに依頼されて作った帽子を再現したモノで、

 

これが爆発的な人気を博し、その後アメリカ中のカウ・ボーイ達がこぞってこれを被ったことで、

「STETSON」の知名度は瞬く間に広がっていきました。

 

ジョンはその後1870年にこの帽子を、

 

「ステットソン・ハット」として商標登録しています。

 

こうして、ジョン・B・ステットソンによって世に生み出された、

 

「ステットソン・ハット」こそ、

 

現在「ウェスタン・ハット」「テンガロン・ハット」「カウボーイ・ハット」

と呼ばれ、世界中で親しまれている帽子の原型なのです。

 

【2】アメリカン・スピリットの象徴

現代でも、

アメリカ人の「服装」によるアイデンティティ(=自分らしさ)は、

「カウボーイ・スタイル」です。

 

それを象徴するように、歴代アメリカ大統領の多くが、

西部を訪れる際、ステットソン・ハットを被って登場しています。

 

【リンドン・ジョンソン大統領】

 

【ロナルド・レーガン大統領】

 

【ジョージ・W・ブッシュ大統領】

 

【クリントン大統領】

 

このように、彼らがカウボーイ・スタイルを身に纏うという事は、

 

「自分はアメリカ人そのものである」

 

という事を示唆しているのであり、

 

それは同時に、

 

アメリカという国家の「力強さ」

 

を誇示しているという事になるのです。

 

 

「ステットソン・ハット」は、

 

〝アメリカン・スピリットの象徴〟

 

として今も尚、堂々たる姿で存在し続けています。

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

LINE通話相談をはじめました!(無料)

●紳士洋服に関する質問・相談
●記事に関する質問・相談

などなどお気軽にご連絡ください!

<手順>
1.LINE@友だち申請(QRコードか下のボタン)

2.返信されるメッセージにそってお申し込み