〝服を大切に着る〟ということ【1】〜ハンガーの役割〜

 

〝服を大切に着る〟ということ

〜ハンガーの役割〜

 

こんにちは。

突然ですが…

皆さんにとって「ハンガー」とはどういう存在ですか?

 

日常「ハンガー」について考えることなど、そうそうないと思います。

 

せっかくなので、今回はその「ハンガー」について、一緒に考えてみたいと思います。

 

興味のある方はぜひ、最後までお付き合い下さい。

 

【1】ハンガーは〝自分の分身〟

いきなり、結論から申し上げます。

「ハンガー」は、〝自分の分身〟です。

 

ですから…

「服を保管する」ということは、

 

自分に代わって、

「自分の分身」に、

服を〝着てもらっている〟

 

ということなのです。

 

【2】服は肩が命

〝服は、肩が命〟

多くの人が、よく聞くフレーズだと思います。

 

特に、しっかりと仕立てられたスーツのジャケットは、

人間の肩が入ることを最大限に考慮され、時間をかけ立体的に作られています。

自分の肩に合わせてオーダー・メイドされたものなら、なおさらです。

 

だから肩がフィットしたジャケットというのは、なんとも着心地がいいのです。

 

自分の肩が収まっている限り、そのジャケットは常に、最大限のパフォーマンスを発揮してくれます。

 

そう、自分の肩が収まっている限り…

 

なんとも心強い相棒ですね

 

【3】自分の服を、自分より長い時間〝着てくれている〟のは誰?

 

ここで、1つ考えてみましょう。

 

■4月にスーツを新調して、多い時で週に3回のペースで着る。

■9月までの半年間着たら、クリーニングに出して次の年の4月まで保管。

 

仮にこれが一般的なモデルケースだとします。

 

Q.この人は、年間何日このスーツのジャケットに肩を入れているでしょうか?

 

【4月〜9月】

週3日 ×  約4週(1ヶ月)=  約12日 /月間

約12日 /月間  ×  6(ヶ月)=約72日 /半年間

プラスα →  15日 / 半年間

(※祝日は考慮せず。この人は祝日は全て出勤しています。)

 

【10月〜3月】

クローゼットに保管  →  0日

 

A.年間合計 →   約87日

 

 

Q.では、このスーツのジャケットは、年間何日クローゼットに保管されているでしょうか?

 

【4月〜9月】

週4日  ×  約4週(1ヶ月)= 約16日 /月間

約16日 /月間  × 6ヶ月  =  約96 日 /半年間

(※祝日は考慮せず。この人は祝日は全て出勤しています。)

 

 【10月〜3月】

 クローゼットに保管  →  約182日

 

A.年間合計 → 約278日

 

このように、クールビズでジャケットを着なくなったことを脇に置いて、ざっくり計算してみても、

少なくとも年間250日以上、このスーツのジャケットはクローゼットに保管されているのです。

 

Q.では、この間〝誰〟がこのジャケットを着てくれているでしょう?

 

そう、それが…

ハンガーなのです。

【4】ハンガーの重要性

ここまでくると、

「自分の大切なスーツは、一体どんなハンガーで保管されているんだろうか…」

と、ふと考える人も出てくるかもしれませんね。

 

そもそも「ハンガー」というのは、

洋服と長く付き合うためには、必要不可欠なものであるにも関わらず、

あまりにも身近な存在である事から、軽視され続けている、代表選手みたいなものです。

 

ですから多くの人が、薄っぺらいプラスチックハンガーでも、針金ハンガーでも大して気にならないのでしょう…

 

しかし、確実に言えることは、

そういったハンガーで保管していると、

首から肩にかけて立体的に仕立てられ、見るからに品の良いジャケットや、

オーダーで、あなたの肩専用に作られたジャケットは、

次のシーズンには、見るも無残に変形しています。

 

肩が崩れた「高級スーツ」を着ている人ほど、滑稽なものはありません。

 

自分の大切な服を、

代わりに〝着てもらう〟自分の分身に、

針金ハンガーや、薄っぺらいプラスチック・ハンガーを選んでしまった代償は、想像以上に大きいのです…

 

【5】〝自分の分身〟を選ぶ条件

では、どのようなハンガーを〝自分の分身〟として選べば良いのか。

 

理想は、あなたの肩の形に沿って木を削って作る、完全なオーダー・メイドです。

しかし、これはあまりに現実味がありません…

 

そうすると、既製品のハンガーを選ぶことになるのですが、

 

その際、最低限の条件は、

 

①人間の身体と同じように、首と肩に厚みがある。

→首と肩が入ることを想定して作られた、ジャケットの立体的な構造が崩れない。

 

②木製(レッド・シダーなど)のもの

→木は呼吸しているので、湿気を吸って外に吐き出してくれます。

 

③ジャケット(服)と同じメーカーが作っているもの

→ジャケットを製造したメーカーが作っているハンガーが、当然1番合いやすい。

 

特に、①と②はハンガーを選ぶ際の、絶対条件です。

 

【5】僕の分身

ここで、〝僕の分身〟をご紹介しましょう。

 

【Brooks Brothersのレッド・シダー製ハンガー】

【首の後ろ〜肩にかけて、人間の身体と同じような厚みがあります】

 

実際にBrooks Brothersのスーツをかけると、首と肩に吸い付くようなその「フィット感」は一目瞭然です。

これだけであなたの大切なスーツの寿命は、大きく伸びます。

そして仕事でのあなたの「凛とした立ち姿」を、いつまでも演出してくれます。

 

皆さんも〝自分の分身〟を手に入れて、大切な洋服と長く付き合っていってください。

 

最後にもう一度繰り返します。

「ハンガー」は、〝自分の分身〟です。

 

ですから…

「服を保管する」ということは、

 

自分に代わって、

「自分の分身」に

服を〝着てもらっている〟

 

ということなのです。

 

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

LINE通話相談をはじめました!(無料)

●紳士洋服に関する質問・相談
●記事に関する質問・相談

などなどお気軽にご連絡ください!

<手順>
1.LINE@友だち申請(QRコードか下のボタン)

2.返信されるメッセージにそってお申し込み