スウェット・シャツの来た道【1】〜〝スエット・シャツの母〟「ジャージ(Jersey)」〜

記事が気に入ったらシェアお願いします!

スウェット・シャツの来た道【1】

〜〝スエット・シャツの母〟「ジャージ(Jersey)」〜

皆さん、こんにちは。

今年は珍しく、順調に秋の空気に入れ替わりました。

本当に、気持ちの良い季節です。

こういう季節の変わり目に、毎年僕がクローゼットから引っ張り出して着ているのが、

「スウェット・シャツ」です。

日本では〝トレーナー〟と呼ばれているものですね。

言うまでもなく、これは「和製英語」ですので、欧米では通じません。

1950年代に、VANの石津謙介氏が命名したものです。

石津謙介氏は「ネーミングの天才」で、他にも〝スイング・トップ〟や〝T.P.O.〟など、僕たちが当然のように使っている造語を、現代に残しています。

〝トレーナー〟も、「トレーニング・ウェア」というイメージから、「トレーナー(指導者)が着るもの」と繋がっていったのでしょう。

となると、

「先生、僕たちトレーニー(指導される側)は何を着たらいいのでしょうか?」

という質問が返ってきそうなものですが。笑

と、雑談はここまでにしまして…

今回は、スウェット・シャツが辿って来た、「意外と長く、非常に深い」その道のりについて、何回かに分けてお伝えしたいと思っています。

興味がある方はぜひ、最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

【1】スエット・シャツの誕生に欠かせないもの

スエット・シャツの誕生を語るにあたって、

決して欠かすことのできないものが、2つあります。

ひとつは、

①「ジャージ」というマテリアル

もうひとつは、

②「フットボール」の発展

です。

「フットボール」というスポーツと、

「ジャージ」というマテリアルがあったからこそ、

スエット・シャツはこの世に誕生した、と言っても過言ではありません。

いわば、

「ジャージ」は、〝スエット・シャツの母〟であり、

「フットボール」は〝スエット・シャツの父〟なのです。

【2】〝スエット・シャツの母〟である「ジャージ」とは何か

「ジャージ」を日本の服飾辞典で引くと、〝メリヤス〟と出てきます。

〝メリヤス〟は漢字で「莫大小」と書き表され、

これは「大小莫し(なし)に合う」という、

メリアスのストレッチ性を強調したものです。

もともとは、ポルトガル語の「meias(メイアス)」が語源で、

意味は、「長靴下」です。

江戸時代の長崎で、

ひとりの日本人が「これは何か?」と異人に訪ねたところ、

その異人は、

「これは、meiasで(メイアス)である。」と答えました。

これをその日本人が、

「ほうっ、〝メリアス〟か。」と聞き間違えたのです。

こうして、「長靴下」から始まり、「薄手の編み物全般」を指す言葉として、日本では広く認知されています。

と、確かに靴下も「編み物」であり、ヨーロッパにおいて「編み物」と「靴下」の歴史が、密接に結びついていることも事実なのですが、

しかし、

スエット・シャツの誕生に深く関係してくるのは、「靴下」ではなく、「フィッシャーマンズ・セーター(漁師のセーター)」なのです。

そもそも「ジャージ」を固有名詞としてみると、イギリス海峡に浮かぶチャネル諸島最大の島、「ジャージー島」のことを指します。

そこで古くは13世紀頃から、地元の漁師達に着用されてきた、「フィッシャーマンズ・セーター」が「ジャージー・セーター」であり、

これが、「ジャージ(Jersry)」の語源です。

ちなみに、

ジャージー島のすぐ近くに、「Guernsey(ガーンジー島)」という島があり、

この島の漁師達が、同じく13世紀頃から着ている「フィッシャーマンズ・セーター」が、日本でも有名なあの「ガンジー・セーター」です。

とにもかくにも、

「ジャージ(Jersry)」とはもともと、「フィッシャーマンズ・セーター」のことであり、その後、広くニット(編み物)を指す言葉になった。

ということは間違いないのです。

そしてこの「フィッシャーマンズ・セーター」が、

現在の「スエット・シャツ」や、「ラグビー・ジャージ」へと繋がっていくわけです。

その証拠に、

この「ジャージー・セーター」や「ガンジー・セーター」に見られる、

「全体を編み上げた後に、脇部分の襠(マチ)を加える」などの伝統的手法は、

現在の「ラグビー・ジャージ」や、「スエット・シャツ」の製法に色濃く継承されています。

と、ここまで〝スエット・シャツの母〟である「ジャージ(Jersry)」について書いてきました。

ここまでを、『スエット・シャツが来た道【1】』とします。

次回は、〝スエット・シャツの父〟である、

「フットボールの発展」について書きたいと思いますので、どうぞお楽しみに。
【参考文献】

スポンサーリンク
関連記事

記事が気に入ったらシェアお願いします!