〝一生モノ〟を考える【2】

記事が気に入ったらシェアお願いします!

〝一生モノ〟を考える【2】

皆さん、こんにちは。

このブログは、〝洋服屋の一生モノブログ〟というタイトルからも分かる通り、キーワードは、〝一生モノ〟です。

「〝一生モノ〟というフィルターを通してモノを見る」ことで、世の中に氾濫したモノを一度篩(ふるい)にかけ、本当に良いモノだけを抽出していこう。というのが大きなテーマです

【1】〝一生モノ〟を考える

〝一生モノ〟という言葉の意味を知ろう思って、家にある辞書を開くのですが、載っていません。

ならばと、図書館で「広辞苑」を開いてみますが、やっぱり見当たりません。

最終手段で「一生モノ」をインターネットで検索してみると、

「一生涯にわたって使い続けられるモノ」と出てきます。

確かにその通りなんだけど、どうもすっきりしません…。

どうやら、この〝一生モノ〟という言葉、公式に示された「明確な定義」が存在しないようです。

では一体、〝一生モノ〟とはどういう意味なのか?

また、どういったモノを指す言葉なのか?

今回は、それを考えていきたいと思います。

【2】〝一生モノ〟を考えるようになった「きっかけ」

このブログのどこかでも書きましたが、全てのモノはこの世に誕生したその瞬間から、「死」に向かって時間が流れていきます。

これはどんなモノであろうと、どんな生物であろうと逆らえない、ひとつの「運命」です。

僕が〝一生モノ〟という言葉について特別な感覚を持ったのは、社会人になって初めて買ったドレス・シューズを、5年程履き込んだ頃です。

いつものように家でこの靴を磨いていて、ふと思いました。

「この靴、買った時より数倍カッコ良いな…」

5年間履き込んだことで、細かいキズやシワなどが至る所に見られるのですが、それも含めて、買った当初よりも5年経ったこの時の方が、何倍も魅力的に感じられたのです。

この感覚は当時の僕にとっては、なんとも言えない不思議なものでした。

なぜなら、この頃の僕はというと…

「シーズン毎の流行を追いかけては、〝短サイクルの消費〟を繰り返す」と言う愚行に走り、

洋服業界が仕組む巧妙な「商業システムの罠」に、まんまと飲み込まれていたからです。

この時の不思議な感覚を言葉にすべく、当時の僕は必死に格闘しました。

そしてこの時、〝一生モノ〟という、それまでもよく耳にしていた言葉が、初めてすう〜っと、心の中に入ってきたのです。

この時から僕は、「〝一生モノ〟とは何か。」という、非常にシンプルでありながら、難解な説問と向き合うようになります。

【3】〝一生モノ〟とは何か。

「〝一生モノ〟とは何か。」という問いに対して、辞書的な解答を導き出すとすれば、

「本来はその世代の人達だけに向けて作られたはずなのに、時に世代を超越し、実用に耐えてしまうモノ」

といったところでしょうか

言ってしまえば、〝一生モノ〟とは、結果論なのです。

つまり、自分が死ぬ間際にあって、「これ結局、一生かかっても使い切れなかったな。」と言わせてしまうモノ。

これこそが、「〝一生モノとは何か?」についての、〝究極の答え〟なのでしょう。

しかし、そこからは、現代人がとうの昔に捨て去ってしまった、

〝モノと向き合うにあたっての原点〟を、かなり濃厚に抽出することができます。

それは、「作り手」と「使い手」の共同制作というものです。

【4】「作り手」と「使い手」の共同制作

「作り手」と「使い手」の共同制作とは、「作り手」と「使い手」の責任分担と言い換えても良いでしょう。

製品(モノ)がメーカー(作り手)からお客さん(使い手)に渡る時は、まだその製品(モノ)は、いわば「半製品」であり、完全な製品(一生モノ)にするには、使い手の努力が必要だということです。

簡単に言うと、「使い方次第で、最高のパートナーになるようにしっかり作っておいたから、あとは任せたよ。よろしく。」

という職人のメッセージが込められた「半製品」が店に並んでいて、

「承知しました。その熱い想い私が受け継ぎ、必ずや完成形(一生モノ)にして見せます。」

という熱い想いでお客が買っていく。

これがメーカー(作り手)とお客さん(使い手)の本来の関係性である。ということです。

つまり、〝一生モノ〟とは、

熟練された最高級の技術を有する職人が、丹精込めて作った製品が存在し、その上に持ち主の長期にわたる、センスの良い「使いこなし」が加り、

結果として、

その製品が到達する〝完成形〟のことを指す言葉なのです。

【5】親から子へという思想

考えてみれば、これは少し前までは当たり前のことでした。

全行程を職人が手作業で行い、時間をかけて仕立てられていた時代のジャケットやスーツは、親から子へ受け継がれることを想定していました。

それが、「切羽」や「台場仕上げ」という英国の伝統的な仕様に見られます。

【切羽仕上げが施された上衣の袖】

今でも、英国やイタリアのクラシックなスーツにはしっかりと継承されていますが、「切羽」の場合、いちばん奥の、4番目のボタンホールは開けずに、あえて糸かがりだけにして塞いでおくのです。

これは、もし子供の腕が自分より長く、袖口を出す必要があった時、袖口を出した後、4番目のボタンを取り外しいちばん前に持ってきて、そこに新たなボタンホールを開ける。

という修理が簡単に出来るようにと考えられた、職人の知恵です。

あとは、いちばん奥に残った糸かがりを取り除けば、跡残りもなく綺麗に仕上がるというわけです。

「台場仕上げ」にしても、元々は子供に引き継ぐ時、古くなった裏地を張り替える必要が出た場合、裏地を剥がしやすくするために職人が施した細工です。

【台場仕上げが施された上衣】

このように、ひと昔前までは多くのモノが〝一生モノ〟でした。

それなのにいつの頃からか、

作り手は、

「一生使われたら困るから、数年経ったら壊れるように作っておきました。その時は買い換えてくださいね。

というメッセージを前面に押し出した製品を店に並べ、

使い手も、

「数年もすればどうせ〝流行遅れ〟で着れなくなるから、心配しなくても使い捨てるよ。」

という軽い思いで、ほいほい買っていくようになりました。

これが「大量生産・大量消費時代」の正体だと思うのです。

もう一度繰り返します。

〝一生モノ〟とは、

人生の最後になって、「これ、結局一生かかっても使い切れなかったな…。」と言わせるモノです。

この定義をしっかり頭に入れた上で、

「これは、〝一生モノ〟になり得るクオリティ(半製品)のモノか?」

「自分は、これを〝一生モノ〟(完成形)にすることができるか?

という事を、買い物の際に考えられる「使い手(消費者)」が徐々にでも増えていけば、自然淘汰がさらに加速し、粗悪なモノ作りをしているメーカーは完全に生き残れなくなるでしょう。

僕は、「使い手(消費者)」が正しい視点をもつことができるよう、このブログを通じて、少しでもお手伝いできればと思っているのです。

【参考文献】

スポンサーリンク
関連記事

記事が気に入ったらシェアお願いします!