ゴルフ・ジャケット 〜「G9 」と 「ドリズラー」〜

 

ゴルフ・ジャケット

〜「G9」と「ドリズラー」〜

 

こんにちは。

 

このブログは、〝洋服屋の一生モノブログ〟というタイトルからも分かる通り、キーワードは、〝一生モノ〟です。

 

「〝一生モノ〟というフィルターを通してモノを見る」

 

ことで、世の中に氾濫したモノを一度篩(ふるい)にかけ、本当に良いモノだけを抽出していこう。というのが大きなテーマです。

 

突然ですが皆さん、

「ゴルフ・ジャケット」って何かわかりますか?

なかなかすぐには、思い浮かびませんよね。

ゴルフをやっていない人は、なおさらピンと来ないはずです。

 

「ゴルフ・ジャケット」とは、

日本で「スウィング・トップ」と呼ばれているもので、

「ウィンド・ブレーカー」という方が、聞き馴染みがあるかもしれません。

 

しかし、この「スウィング・トップ」という言葉は、

1960年代に「VAN」を創設した、石津謙介氏が考案した

いわゆる「和製英語」で、欧米では通じません。

 

「ゴルフで、スウィングする時に上に着るものだから、

〝スウィング・トップ〟

 

なんともユニークなネーミングですね。

 

正確には、

「ゴルフ・ブラウス」とか「ゴルフ・ジャケット」と呼ばれています。

 

その「ゴルフ・ジャケット」の代表格として世界的に有名なのが、

 

バラクータ社の「G9」

マクレガー社の「ドリズラー・ジャケット」です。

 

順に、紹介していきますね。

【1】マクレガー社の「ドリズラー・ジャケット」

まずは、マクレガー社の「ドリズラー・ジャケット」から。

 

この「ドリズラー・ジャケット」は、

1952年に、アメリカのスポーツウェア・メーカーである、

「マクレガー社」によって紹介された、

ナイロン製の「ゴルフ・ジャケット」の商品名です。

 

「ドリズラー(Drizzler)」という名称は、

英語で「細雨」や「霧雨」を意味する、

「drizzle」に由来します

 

つまり、典型的な「ウィンド・ブレーカー」ですね。

 

実はあまり知られていませんが、

正式名称はもっと長いもので、

「スコティッシュ・ドリズラー・マイティ・マック」

と言います

 

形状やデザインは実にシンプルで、

  • シャツ・カラー(シャツのような襟)
  • ジッパー・フロント
  • 斜めフェルト・ポケット
  • カフ付きの袖
  • 素材はナイロン製のツイル(綾織に仕立てたもの)
  • 色は、赤や黄色・コバルト・ブルーといった派手なものが発売当初は多かった。

 

とまあ、至って普通のスポーツ用「ウィンド・ブレーカー」だったのです

 

【マクレガー社 ドリズラー・ジャケットの広告】

マクレガー社 ドリズラー・ジャケットの広告

マクレガー社 ドリズラー・ジャケットの広告

 

しかし、

これが1960年代半ばに、ファッション・アイテムとして世界中から注目を集めることになるのです。

 

それに一役買ったのが、

1955年に映画『理由なき反抗』の中でジェームス・ディーンが見せた、

真紅のスコティッシュ・ドリズラーでした。

 

【映画『理由なき反抗』の中のジェームズ・ディーン』】

映画『理由なき反抗』の中のジェームズ・ディーン』 映画『理由なき反抗』の中のジェームズ・ディーン』

 

今見ればなんてことないスタイルに見えますが、

1950年代のアメリカにおいて、この

  • Tー シャツ
  • ブルー・ジーンズ
  • スコティッシュ・ドリズラー・ジャケット
  • ワークブーツ

というスタイルは、

 

自動的に「反社会的」・「反抗的」とみなされた為、かなり衝撃的でした。

 

実際に映画の中でも、

大人たちが来ている〝スーツスタイルとの対比〟

が、かなり意図的に表現されています。

 

残念ながら、ジェームズ・ディーンは、

不慮の事故により、24歳という若さでこの世を去りますが

 

これがきっかけで、

マクレガーの「ドリズラー・ジャケット」がファッション・アイテムとして、世界中に認知されることになったのです。

 

※ちなみに「T–シャツ」と「ブルー・ジーンズ」も、

これがきかっけで、初めてファッション・アイテムとして認知されることとなり、

現在僕たちが着用しているような姿に発展していくのです

 

【2】バラクータ社の「G9」

続いて2つ目の、バラクータ「G9」について。

 

「G9(ジー・ナイン)」とは、

英国・マンチェスターのレインウェア・メーカー・

「バラクータ(BARACUTA)社」の代表商品である、

ゴルフ・ジャケットの商品名です。

 

そのデビューは、1948年。

 

名前は、

「バラクータ社で9番目に開発されたゴルフ・ジャケット」

から取られたもので、

 

「G」はゴルフ・ジャケット、「9」は9番目という意味です。

 

先ほど紹介した、マクレガー社の

「スコティッシュ・ドリズラー・ジャケット」と並び、

「2大ゴルフ・ジャケット」と称されるうちの一角です。

 

形状やデザインの特徴として、

 

▪「ドックイヤー・カラー」

 襟型が犬の耳に似ていることから、命名されました。

【写真は、僕が所有している「フレッド・ペリー」のもの】

 

▪「アンブレラ・ヨーク」

 背中部分に施された補強部分の「ヨーク」が傘の形に似ていることから命名されました。

【写真は、僕が所有している「フレッド・ペリー」のもの

 

▪封筒型の斜めフラップ・ポケット

【写真は、僕が所有している「フレッド・ペリー」のもの】

 

▪ゆったりしたラグラン・スリーブ

▪袖と裾部分がリブ仕様

▪タータンチェックの裏地

 

と、こちらは各所に独特の形状やデザインを備えています。

 

デビュー当時は、専らゴルフ・コースでのみの着用でしたが、

こちらも1960年代に、

有名人がテレビや映画で着用したことで、

一気に「ファッション・アイテム」に昇華していくことになります。

 

まずは、1964年にアメリカで放映されたTV番組

「ペイトン・プレイス」で、「ロドニー・ハリントン」役を演じた、

ライアン・オニールが「G9」を着用したことで、

その後、G9型のゴルフ・ジャケットが、

「ハリントン・ジャケット」

と呼ばれるようになりました。

 

そして、極め付けは

1968年の映画 『華麗なる賭け』の中で、スティーブ・マックイーンが着用したことでしょう。

 

【映画『華麗なる賭け』のスティーブ・マックイーン】

映画『華麗なる賭け』のスティーブ・マックイーン

【スティーブ・マックイーンは映画以外でも、このジャケットを愛用していたそうです】

映画『華麗なる賭け』のスティーブ・マックイーン

 

その後、

アメリカのアイビーリーガー達がキャンパス・ウェアとして着用したこともあり、

 

1970年代には、その人気は不動のものとなりました。

 

ちなみに、日本人でこの「バラクータ・G9」を愛用したことで有名な人物は、

 

故 高倉健さんです。

 

【高倉健さんがバラクータ・G9を愛用】

【3】僕が愛用している「ゴルフ・ジャケット」

最後に、

僕が愛用している「ゴルフ・ジャケット」を紹介して終わりにします。

僕は毎年、春と秋の端境の時期には毎日

「ゴルフ・ジャケット」を着ていますので、たくさん所有しています。

 

【Brooks Brothers のG9型 ゴルフ・ジャケット】

Brooks Brothers のG9型 ゴルフ・ジャケット

 

【FRED PERRYのG9型 ゴルフ・ジャケット】

FRED PERRYのG9型 ゴルフ・ジャケット

 

【GANT RUGGERのゴルフ・ジャケット】

GANT RUGGERのゴルフ・ジャケット

 

【TRAFALGRERのゴルフ・ジャケット】

TRAFALGRERのゴルフ・ジャケット

 

【Brooks Brothers のG9型 ゴルフ・ジャケット】

Brooks Brothers のG9型 ゴルフ・ジャケット
【参考文献】

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

LINE通話相談をはじめました!(無料)

●紳士洋服に関する質問・相談
●記事に関する質問・相談

などなどお気軽にご連絡ください!

<手順>
1.LINE@友だち申請(QRコードか下のボタン)

2.返信されるメッセージにそってお申し込み