スポンサーリンク

由緒正しき帽子 〜ハンティング・キャップ〜

 

由緒正しき帽子

〜ハンティング・キャップ〜

 

こんにちは。

このブログは、

〝洋服屋の一生モノブログ〟というタイトルからも分かる通り、

キーワードは、〝一生モノ〟です。

 

「〝一生モノ〟というフィルターを通してモノを見る」

 

ことで、世の中に氾濫したモノを一度篩(ふるい)にかけ、

本当に良いモノだけを抽出していこう。というのが大きなテーマです。

 

さて、突然ですが、

皆さんは「ハンティング・キャップ」と聞いて、どんなイメージを持ちますか?

 

多くの人は、「探偵」「ゴルフ」「映画の中の刑事」などを想像するのではないでしょうか?

 

いずれにしても、現代においては少し〝古くさい〟イメージを持たれている事だけは確かなようです。

 

それもそのはず、

 

「ハンティング・キャップ」の誕生は、今から150年以上前の19世紀中頃と言われていますので、その歴史は結構長いんです。

 

今回は「ハンティング・キャップ」が持つ、「由緒正しき歴史」をご紹介します。

 

どうぞ最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

【1】僕が愛用する「ハンティング・キャップ」

僕は昔から、秋から冬にかけての寒い時期には必ず、

「ハンティング・キャップ」を被りますので、沢山持っています。

 

長年被っているので、冬は体の一部のように感じますね。

 

それらを先に紹介しておきます。

 

【Brooks brothersのツイード・ハンティング・キャップ】

Brooks brothersのツイード・ハンティング・キャップ

 

【Brooks brothersのカシミヤ・ハンティング・キャップ】

Brooks brothersのカシミヤ・ハンティング・キャップ

 

【NEWYORK HATのツイード・キャスケット】

NEWYORK HATのツイード・キャスケット

 

【NEWYORK HATのツイード・キャスケット】

NEWYORK HATのツイード・キャスケット

 

【2】「キャップ(CAP)」と「ハット(HAT)」

ハンティング・キャップの歴史に入る前に、「キャップ」と「ハット」の違いについて、それぞれのアイデンティティを明確にしておきましょう。

 

『男の服飾辞典』婦人画報社によると、

「ハット」と「キャップ」はそれぞれ対語で、


▪「ハット」とは、山(クラウン)とつば(ブリム)からなるヘッドウェアの総称で、

 

▪「キャップ」とは、頭部にぴったりとフィットした、目びさし付きの、または目びさしのない、小さなかぶり物の総称。

 

となっています。

 

歴史的に見たそれぞれのアイデンティティも、

「ハット」は、トップ・ハットや、ホンブルグハットに代表されるように、王族・貴族を含めた上流階級のヘッド・ウェアだったのに対して、

 

【19世紀にみられるヨーロッパ上流階級スタイルの一例】

 

「キャップ」は16世紀までは、専ら従僕や職人などが身につけており、社会的身分の低さの象徴とされていました。

その後も18世紀ごろまでは、紳士が手にするかぶり物とは到底認識されていませんでした。

 

【労働者階級に見られたスタイルの一例】

【3】「ハンティング・キャップ」の登場

服飾史上、ずっとそんな扱いだった「キャップ」を、一気に格上げしたのが、「ハンティング・キャップ」でした。

 

19世紀中頃のことです。

 

19世紀というのは、服飾史において歴史が大きく動いた、とても重要な時代です。

 

全てお話する事は到底不可能ですが、いくつか挙げておくと、

 

18世紀末に起こったフランス革命により、宮廷ファッションの時代が終わり、それに代わってイギリス風の乗馬スタイルが一気に主流となった。

 

イギリス産業革命後、鉄道網が整備され、上流階級の間で旅行が楽しまれるようになった。

それに伴い、カントリー・スタイル(田舎着)が急速に発達した。

 

同じく上流階級の間で、乗馬や狩猟などのスポーツが盛んに楽しまれるようになり、それに伴う服装(スポーツ・スタイル)が急速に進化した。

 

などがあります。

そして、

この中の③「スポーツの発展」によって、現代に繋がる様々なウェアが次々と登場するのですが、

その中のひとつが「ハンティング・キャップ」です。

 

特に、上流階級の人々が熱中したのが「ハンティング(狩猟)」で、

彼らは狩猟を行う際、分厚いツイード素材などで仕立てられたジャケットを着て、ニッカー・ポッカーズを穿きました。

そして頭には、ジャケットと同じツイード素材で仕立てられた、キャップを被ったのです。

【4】由緒正しき帽子

そして20世紀に入り、その人気を不動のものにした人物が、

エドワード7世とその孫にあたる、ウィンザー公です。

 

【ハンティング・スタイルのエドワード7世】

エドワード7世

 

【カントリー・スタイルのウィンザー公】

カントリー・スタイルのウィンザー公

 

80年以上前の人とは思えない格好良さに驚かされるとともに、ウィンザー公のスタイルを見ていると、紳士のスーツスタイルがこの時期に完成され、現代までほぼ変わっていない事がはっきりとわかりますよね。

 

ちなみに、上のエドワード7世が被っている「ハンティング・キャップ」が、日本では、〝ハンチング〟と呼ばれている帽子で、

下のウィンザー公が被っている「ハンティング・キャップ」が、日本では、〝キャスケット〟と呼ばれている帽子に近いです

 

日本では、別のカテゴリーの帽子として扱われていますが、実はどちらも「ハンティング・キャップ」の一種です。

 

そのアイデンティティの違いは、

▪〝ハンチング〟はイギリス式。

「1枚天井」が特徴のハンティング・キャップ

※「1枚天井」…「山」の部分が1枚の生地で出来ている事。

 

ハンチング

 

▪〝キャスケット〟はフランス式。

6枚はぎないし、8枚はぎの「パンケーキ型」で、ふわっと膨らむボリュームある形が特徴のハンティング・キャップ

というものです。

 

キャスケット

 

現在においても、アメリカでは新聞配達の子供が被っていた事から、「ニュースペーパー・ボーイ・キャップ」と呼ばれたり、

 

【アメリカのニュースペーパー・ボーイ】

アメリカのニュースペーパー・ボーイ

 

日本でも職人や美術関係の人が被っているイメージが、どうしても先行しがちですが、

 

それらの〝イメージ〟に反して、

 

「ハンティング・キャップ」の発祥は、実に〝高貴で〟〝由緒正しい〟ものなのです。

 

ハンチングやキャスケットに、「ハリスツイード」や「カシミヤ」などの高級素材が惜しみなく使われることも、実はこの〝高貴な出自〟と関係しているのかもしれない…

 

というのは、僕の考え過ぎでしょうか…

皆さんは、どう思いますか?

 
【参考文献】

 

コメント

スポンサーリンク

一生モノストア

ヴィンテージのネクタイやカフス、カバンなど、管理人タニヤンがセレクトした「一生モノ」にふさわしい逸品を販売しています。

LINE通話相談はこちら

紳士服のことや、ブログ記事の内容について、などご質問や相談はお気軽にご連絡ください! <手順> 1.LINE@友だち申請(下のボタン) 2.返信されるメッセージにそってお申し込み