最果ての島のツイード文化 〜ハリス・ツイード物語【後編】〜

記事が気に入ったらシェアお願いします!

最果ての島のツイード文化

〜ハリス・ツイード物語〜

【後編】

皆さん、こんにちは。

このブログは、

〝洋服屋の一生モノブログ〟というタイトルからも分かる通り、

キーワードは、〝一生モノ〟です。

「〝一生モノ〟というフィルターを通してモノを見る」

ことで、世の中に氾濫したモノを一度篩(ふるい)にかけ、

本当に良いモノだけを抽出していこう。

というのが大きなテーマです。

今回は、引き続き『ハリス・ツイード物語【後編】』をお送りします。

【後編】は、  

  1. Harris Tweed 技術革新と生地の変遷
  2. 技術革新の影でひっそりと姿を消すもの…

という構成で進めていきます。

【1】技術革新と生地の変遷

古着好きの人や、長くハリス・ツイードを愛用している人の中には、

「ハリス・ツイードが昔に比べ、薄く・軽くなっている」と感じている人、結構いるんじゃないでしょうか。

結論から言うと、実際そうなんです。

ハリス・ツイードは、以前に比べ薄く・軽くなっています。

それは、「品質が落ちた」とか「糸を節約している」とかそう言う陰気な理由ではなく、「技術革新」によって、そうなっていったのです。

以下に詳しく説明します。

ハリス・ツイードには、

  1. 幅75センチのいわゆるシングル幅の生地と、
  2. 幅150センチのいわゆるダブル幅の生地

の2種類が存在します。

そして、

シングル幅の生地を織るのが、島でおよそ100年の歴史を誇る織機

「ハッタースレイ」です。

この織機が、昔ながらの手織りの風合いをもつ素朴でどしっとしたハリス・ツイードを織り上げます。

一方、

ダブル幅の生地を織るのが、1996年に21世紀に向けて新しく登場した織機

「ボナス・グリフィス」です。

この織機で織られるハリス・ツイード は、より均一な織り目を作ることができ、この織機の登場で効率と織る速度が飛躍的に向上しました。

このように、

機織り(はたおり)機のイノベーションの歴史が、シングル幅とダブル幅という、「2種類のハリスツイード 」を生み出していったというわけです。

ハッタースレイで織られるシングル幅のハリス・ツイード は、一定面積あたりの生地の重量を表す「目付」の平均が、540gであるのに対し、

ボナス・グリフィスで織られるダブル幅のハリス・ツイードは、目付の平均が「フェザー・ウェイト」と言われる470g程度で、

中には「スーパー・ファイン」という目付390g〜420gのツイードも織られていて、これが世界中で支持されています。

※一定面積あたりの生地の重量である「目付」が大きいほど、どっしりとした重厚感のある製品が仕上がります。

これは、現在の世界のファッション・トレンドである、

「より軽く、より薄く」

という需要に対応する為の企業努力の結晶でもあります。

そして、現在生産されているハリス・ツイードの実に9割は、新式織機「ボナス・グリフィス」によるダブル幅の、

〝薄く・軽い〟ハリス・ツイードなのです。

これが、ハリス・ツイードが以前より薄く・軽くなっている理由です。

【2】技術革新の影でひっそりと姿を消すもの…

とは言え、昔ながらの機械を用いて人が手で織り上げる、

素朴でどっしりとした風合いのハリス・ツイードを支持する声が、各方面から挙がっているのも事実です。

例えば、オーダーメイドのスーツを手がける高級紳士街、ロンドンにあるサヴィル・ロウのテーラー達は、シングル幅のハリスツイード の熱烈な支持者で、

ハッタースレイ織機で織られた、シングル幅のハリス・ツイードが入手困難になると聞くや否や、

彼らはついにハリス島まで失われたツイードを求めて買い付けに行ったと言います。

このサヴィル・ロウの一流テーラー達の執念の行動からも読み取れるように、シングル幅とダブル幅の違いは、ただ単にその生地のサイズだけでは無いのです。

機械が違うことによって、ツイード生地の〝風合い〟が変わってまうのはもちろんのこと、

なんと驚くべきことに、使用する羊の品種まで変わってしまうのです。

従来ハリス・ツイード に用いられるウールは、この地に古来から生息していた羊の種類である、「ブラック・フェイス種」でした。

厳しい寒さや風雨にも耐えるブラック・フェイス種の羊は、アウター・ヘブリディーズ諸島の厳冬の気候に見事に適合した品種です。

このブラック・フェイス種から取れるウールは、繊維長200〜300ミリと毛足が長く、太くて丈夫なごわごわとした手触りを持ちます。

かつてのハリス・ツイードに見られた「丈夫で長持ちする毛織物」というイメージは、このブラック・フェイス種のウールが持つ特徴そのままなのです。

では、現在ではどうかというと、

羊の種類は従来の「ブラック・フェイス種」から、元はイングランドの純血種で、現在はヨーロッパ各地、オーストラリアなどで飼育されている「チェビオ種」にとって代わられています。

チェビオ種の羊から取れるウールは、繊維長が70〜125ミリと短く光沢があり、縮れている為弾力性に富んでいます。

ブラック・フェイス種ほど、過酷な環境下で逞しく生き抜いてきた種類ではない為、チェビオ種のウールから織られるダブル幅のハリス・ツイード は、幾分柔らかく軽くなるという違いが出てきます。

そして、

従来のシングル幅のハッタースレイ織機は、分厚く固いブラック・フェイス種のウールに適合するよう開発された織機なのに対し、

新しいダブル幅のボナス・グリフィス織機は、より毛足が短く、弾力のあるチェビオ種のウールに適合するように開発された織機なのです。

つまり、

シングル幅とダブル幅という〝2つのハリス・ツイード 〟には、機械の違いによる風合いだけではなく、羊毛の種類による風合いの違いも現れてくるのです。

この違いは、20世紀初頭からほぼ1世紀にわたり、ハリス・ツイードで貴族のカントリー・ウェアを仕立ててきたサヴィル・ロウのテーラー達からしたら、まったくの別物だったのでしょう。

20世紀初頭のハリス・ツイード黄金期を築いた、ハッタースレイ織機によるシングル幅のハリス・ツイードは、今や世の中から消え去ろうとしています。

現在、ダブル幅の織り手は約130人であるのに対して、昔ながらのシングル幅を織る織り手は30人ほどしか残っていないのが現状だそうです。

技術革新の影で、古き佳き時代の原風景が消えていく…

仕方のない事だと分かってはいますが、なんとかバランスを取る形で残せないものでしょうか…

ハリス・ツイード物語 【前編】』の最後にも書いた通り、

ハリス・ツイード は、ケルト文化に彩られた「文化遺産」だと僕は思っています。

その美しい原風景を少しでも残す形で、後世に伝えてほしいと切に願います。

【参考文献】

スポンサーリンク
関連記事

記事が気に入ったらシェアお願いします!