アメリカン・トラディショナルとは何か?【最終章】アイビーとプレッピーは同じ!?

記事が気に入ったらシェアお願いします!

アメリカントラッドとは何か?

【最終章】アイビーとプレッピーは同じ!?

こんにちは。

いつも「洋服屋の一生モノブログ」をご覧いただきありがとうございます。

僕は服飾業界に身を置く33歳です。

この業界でのキャリアは、今年で節目の10年に到達しました。

※詳しくは、運営者プロフィールをご覧ください。

「アメリカントラディショナルとは何か?」と題して4回にわたり話を進めてきましたが、今回がいよいよ最終章です。

簡単におさらいしておくと、まずアメリカントラディショナルとは、20世紀のアメリカで誕生した4つのスタイルの総称でしたね。

その4つのスタイルはこうでした。

【1】トラディショナル・アメリカンスタイル(19世紀末〜20世紀初頭)

【2】アイビー・ルック(戦後1954年頃〜1960年代半ば)

【3】ブリティッシュ・アメリカンスタイル(1960年代後半〜1970年代)

【4】プレッピー・ルック(1980年代)

一連の時代の流れとしては、

19世紀末のカスタム・テーラーの時代を経て、20世紀初頭にBrooks BrothersのNo.1サックモデルが誕生し、それが量産時代の到来で発生した「アイビールック」という流行に乗って世界中に波及。

そして、

その中からアメリカと英国をミックスした新たな解釈が生まれ、1970年代にラルフローレンが「ブリティッシュ・アメリカン」を生み出し、新たなアメリカンスタイルが完成した。

という感じでした。

そして最後に登場するのが「プレッピールック」です。

今回はその「プレッピールック」とは何か?について説明します。

興味がある方はぜひ、最後までお付き合いくださいね。

スポンサーリンク

アイビーとは何か?

【1】アイビーとプレッピーは同じ!?

1980年代に起こった「プレッピールック」とは、言ってしまえばこれまた人為的な流行でした。

一時的な現象に過ぎないという点では、1950年代半ば〜60年代にかけての「アイビールック」と全く同じです。

それどころか、

はやった時代が違うことと、ネーミングが違うことをのぞけば、「アイビーとプレッピー」は内容もほぼ同じです。

ネーミングの「プレッピー(PREPPY)」とは、「プレパラトリー・スクール(preparatory school)→ プレップ・スクール」の略語で、正確には「プレップ・スクール」に通う生徒たちのことを言います。

プレップ・スクールは、アイビーリーグ進学を目指す生徒たちが通う全寮制の私立名門進学校のことです。

※アイビーリーグ8校…ハーバード大学・イエール大学・ペンシルベニア大学、ダートマス大学、コーネル大学、ブラウン大学、プリンストン大学、コロンビア大学

このプレップ・スクールの生徒たち(プレッピー)の校内でのファッションや寮での生活スタイル全般が「プレッピールック」です。

【プレッピールック】

プレッピールック

でも、はっきり言って、こんなものはただの言葉遊びでしかありません。

だって、プレップスクールの生徒(プレッピールックの生徒)がそのままアイビーリーグに進学したら、アイビールックの生徒になるわけですからね。(笑)

つまり、

プレップスクール時代のファッションや生活スタイル(プレッピールック)をアイビーリーグ進学後もそのまま持ち込んだものが「アイビールック」だということです。

なんか馬鹿らしいですよね。(笑)

なので、

言ってしまえば、「アイビールックはプレッピールック」で、「プレッピールックはアイビールック」なんです。(笑)

こうしたファッション業界の「言葉遊び」に惑わされないようにしてくださいね。

【2】強いて違いを挙げるなら…

アイビールックをプレッピールックの違いを強いて挙げるなら、それは「着ているアイテムの違い」と「色使いの違い」です。

アイビールックの時代(1950年代後半〜1960年代半ば)は、大学のロゴが入ったレタードカーディガンやセーター、ネクタイを着用した正統派のジャケットスタイルなどが目立ちますし、色使いも地味な印象です。

【アイビールック】

アイビールック

アイビールック

アイビールック

一方、

プレッピールックの時代(1980年代以降)は、ラガーシャツをやカラフルなチノパンやスウェット、ノーネクタイのブレザースタイルといったラフな出で立ちが目立ちます。

【プレッピールック】

プレッピールック

プレッピールック

こういった違いから一般的には、「プレッピーはアイビーを着崩したものである」と定義されがちです。

さらに、日本のアイビールック信者の中には、「アイビースタイルを間違えて解釈していて、腹立たしい」「一緒にして欲しくない」「偽アイビールック」などと嫌悪感を示す人もいるようです。

しかし、そのいずれも間違いです。

そもそもアイビーを着崩す着崩さないとか、解釈がどうのこうのという話ではなくて、「アイビールック」も「プレッピールック」もその時代に合ったアイテムをただ着ていただけなのです。(笑)

1960年代の「アイビールック」の時に着られていたロゴ入りのセーターやカーディガンが、1980年代の「プレッピールック」の時になくなったのは、ただ単に時代遅れでダサかったからに過ぎません。

1960年代当時の型にはまったようにどこでもネクタイを着用するスタイルも、1980年代においては時代にマッチしていなかったのでしょう。

プレッピールックの色使いが全体的にカラフルなのは、1960年代にはなかった発色の良い服が普及していたからに過ぎません。

1950年代や60年代は、アイビーリーグというエリート名門校に通っているという誇りがまだまだみなぎっていた時代ですし、世間も注目していたでしょうから、スクールロゴの入ったセーターを日常的に来たり、ネクタイを締めて型通りに決めるジャケットスタイルにも、それなりに意味があったのでしょう。

しかし、

1980年代になると、当時のような誇りはすでに薄れていて、どちらかというと「エリート家系のおぼっちゃま」と見られることに少し恥ずかしさを感じていたようです。

ですから、わざと不良っぽくネクタイを緩めてみたり、首元が擦り切れたボタンダウンシャツを着たり、ボロボロのローファーを履いてみたりしていたのです。

そう考えると、スクールロゴの入ったセーターやレタードカーディガンなどは、どうしようもなくダサいものに成り下がっていた可能性の方が高いのです。

でもファッション業界は「プレッピーのその反骨心が〝逆に〟格好良いよね!」として担ぎ上げたわけですね。(笑)

「流行」とはいつの時代もそんなものです。

「プレッピーとは何か?アイビーとは何か?」という質問に答えるならば、

→「プレッピー」とは、アイビーリーガーがプレップ・スクール時代に着ていたファッションのことで、それをアイビーリーグ進学後もそのまま持ち込んで着ている現在のファッションが「アイビー」である…

ということになります。

なんのこっちゃ!(笑)

【参考文献】

スポンサーリンク
関連記事

記事が気に入ったらシェアお願いします!