運営者プロフィール

 

こんにちは。

いつも「洋服屋の一生モノブログ」をご覧いただきありがとうございます。

 

僕は服飾業界に身を置く33歳です。

そのキャリアは今年で節目の10年に到達しました。

 

23歳で某大手百貨店に入社し、販売、催事場の企画・運営、プライベートブランドの商品開発を経て、最終年はバイヤーとしてショップ運営に携わっていました。

 

そんな様々な現場に身を置く日々の中で、

毎年流行の表面を、ただ単純に撫でただけの〝存在価値のない服〟〝短期スパンの陳腐なスタイル〟しか生みだせない日本の服飾現場に限界を感じていました。

「先は長くないな…」と。

 

「もっと服の根本的な魅力や、奥深さを知ってもらいたい。」

「日本人(特に男性)をもっとスタイリッシュにしたい。」

 

その為には、お客さんと直接意見を交換し合える〝販売職〟に身を置かなければいけない…と思いました。

 

そして28歳の時、純粋に服が好きだった頃の気持ちを取り戻す為に〝原点回帰〟を決意し、当時の役職や報酬を会社に返上し、1からやり直す事を決めました。

 

現在は〝伝統あるアメリカの紳士服店〟に販売スタッフとして勤務し、日々コツコツと服そのものの魅力や、魅力的なスタイル作りの提案をしています。

 

そして、

店に居るだけでは到底出会うことができない、日本中の(いや、世界中の)沢山の人々に、僕の想いが届くことを願ってこのブログを開設し、運営しています。

 

このブログを通して、

「洋服って面白いんだなぁ〜」

「洋服って、ひとつひつとつに歴史があって奥深いんだなぁ〜」

「日本人ビジネスマンってダサいよな〜(格好良くなれる余地が十分にあるという事)」

「もっと知りたい!」

「誰かに伝えたい!」

 

という人が1人でも多く出てきてくれると、僕はとても嬉しいです。