ALDEN 幻の職人技 〜スキンステッチ〜

 

ALDEN 幻の職人技

〜スキンステッチ〜

 

こんにちは。

以前、『2つのモカシン 〜【北米式】と【スカンジナビア式】』で、

〝モカシンシューズ〟については詳しく触れました。

 

しかし、どうしても詳しく掘り下げたい「モカシン縫い」の技術がありますので、今回はそれをやります。

 

それは、今なお一部の高級紳士靴(既製靴)やビスポークシューズに職人が手作業で施す、

 

〝スキンステッチ〟という技術です。

 

特にALDENの靴に施される、驚きの職人技を取り上げてみたいと思っています。

 

興味がある方はぜひ、最後までお付き合いください。

 

【1】スキンステッチとは?

まず、そもそも「モカ」・「モカシン」とは一体何なのか?

 

一般的に、

「底から側面までは、一枚の柔らかい革で包み込むようにして作り、その上の甲部分にU字型の革蓋をかぶせ、その結合部分を革紐や糸で頑丈に縫い付ける」

こういった技法で作られた靴を、「モカシンシューズ」といいます。

 

その起源や現在までの変遷については、過去の記事(『2つのモカシン 〜【北米式】と【スカンジナビア式】』)に詳しいので、そちらをご覧ください。

 

さて、モカシン部分の縫い方ですが、今日では「機械縫い」と「手縫い」の両方が存在します。

言うまでもなく、手縫いの方が時間と熟練の技術を要するため、仕様としては高級とされています。

 

その手縫いの技術の中でも、極めて難易度が高く、限られた職人にしかできないとされている技術が、〝スキンステッチ〟です。

 

その技術とは、

通常のモカシン縫いのように、革の表面から裏面に針を貫通させて縫い進めるのではなく、

「表面から針を通し、中間層にあたる〝床層〟の中で針先をターンさせ、裏面に貫通させることなく、再び表面に針を出す」というもの。

 

つまり…簡単に言うと、

 

硬い革の「表面だけを掬い(すくい)縫いする」ということです。

これを手作業で、延々と繰り返していきます。

 

これにより、ひと針ごとに手で縫い糸にテンションを加えることが出来るため、機械縫い以上に堅牢に仕上がります。

さらには、職人が手作業で行なう為、機械縫いでは決して得られない〝独特の表情〟に仕上がります。

 

中でも、特に貴重な職人技を見ることが出来るのが、ALDENのローファーです。

 

では、以前も登場した僕の〝一生モノのALDEN〟で、その驚くべき技術を詳しく見ていきましょう。

 

【2】ALDENの職人技  

その技術が施されているのが、この靴です。

お馴染みの名作、

ALDEN コードバンローファー(アンライニング)

 

 

この靴の甲の部分、

ここに、手作業の〝スキンステッチ〟が施されています。

 

 

ではなぜ、ALDENのスキンステッチの技術が特筆して凄いかというと、理由は2つ。

 

1.コードバンという素材で作業を行う難しさ

ひとつには、この革の表面だけを掬い縫いする〝スキンステッチ〟の作業を、一般的に強靭な硬さを誇ることで有名な、「コードバン」という素材の上で行うという難しさがあります。

非常に硬く、針も入りづらいので、職人に相当な技術が要求されます。

 

2.  一枚革の状態(プレーントゥ)で作業する難しさ

そしてもうひとつは、

なんと驚くべきことに、〝一枚革の状態〟つまり、〝プレーントゥの状態〟で、「革を上に盛り上げながら、なおかつ表面だけを掬い縫う」という事をやっているのです。

 

〝一枚革(プレーントゥ)の状態〟というのは、下の写真のような状態を言います。

 

 

ここに、手作業で下のような〝スキンステッチ〟を入れていくのですから、誰もが簡単にできる技ではありません。

しかもこの作業を、下の写真のように、木型に吊り込んだ状態で行うのですから、さらに驚きです。

 

 

実際、ALDENの輸入代理店を務める「ラコタ・ハウス」によると、

 

ALDENの製造現場で、現在これを縫える職人は、2人しかいないそうです。

 

1足縫うのに小一時間。

1日に10足できれば良い方だといいます。

 

技術の継承が急がれます。

 

ALDENの名作「コードバン・ローファー」

 

決して消滅させてはならない〝手作業の温もり〟が、この靴には確かにあります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
タニヤンをフォローする
洋服屋の一生モノブログ

コメント