竹富島紀行 〜ニライカナイに想いを馳せて〜

ニライカナイに想いを馳せて…

〜竹富島紀行〜

 

沖縄八重山地方には、古くから〝ニライカナイ信仰〟があります。

 

〝ニライカナイ〟とは「海の彼方にある神の世界」という観念であり、死後、死者の魂は〝ニライカナイ〟に行くと今も昔も信じられています…

 

 

2015年2月25日〜2月28日、僕はある人への追悼の意を込め、ひとり旅を敢行しました。

 

数年前に亡くなった、僕の親友です。

 

2月25日は彼の命日。

 

彼の冥福を祈るために僕は、一路沖縄を目指していました…

 

お目当ては、日本屈指の夕陽の名所であり、今なお〝ニライカナイ信仰〟が色濃く残る地です。

 

 

大阪から飛行機で3時間。沖縄 石垣島に着いた僕は、その足で石垣港に向かい、港から出る最終の船に乗り込みました。

 

最終便の船内には、観光客はほとんどいません。

 

10分もすると、前方にカレー皿をひっくり返したような小さな島が見えてきました。 

 

竹富島…

 

ここが、この旅の目的地です。

 

船が竹富港に着くと、日帰りで島を訪れていた観光客が、そのまま最終便として石垣港に引き返すこの船に乗り込もうと、桟橋に集まっていました。

 

それをよそ目に、僕はさっさと船を降ります。

 

この日の夜を石垣島で過ごすこの集団は、ドカドカと忙しなく船に乗り込み、あっという間に最終の船は行ってしまいました。

 

最終便が去った後の島は、さっきまでの喧騒が嘘のように、ひっそりとした静寂に包まれます

 

船着場には、すでに宿の送迎車が到着していました。

 

「よくお越しくださいました。さあ、乗ってください。」

そう促され、僕は迎えの白いバンに乗り込みました。

 

宿はいつもの「大浜荘」

 

ここはひとり旅の人や、バックパッカーが多く宿泊していて、家庭的な雰囲気のとても良い宿です。

 

僕はいつも、ここを常宿にしています。

 

時刻は18:30。

宿に着くとすぐに美味しい夕食をいただき、夕陽を見る為、島の西側を目指して美しい集落の中を歩きます。

 

竹富島の集落の美しさについては、司馬遼太郎さんが『街道をゆく 6  〜沖縄 先島への道』の中で次のように表現しています。

 

〝本土の中世の集落のように条理で区画され、村内の道路はサンゴ礁の砂でできているために、品のいい白味を帯び、その白さの上に灰色斑(はいいろまだら)ともいうべき珊瑚の石垣が続き、その全体として白と灰色の地の上に、酸化鉄のような色の琉球瓦の家々が夢のように並んでいる

 

これ以上の説明は必要ありませんね。

 

途中、竹富島の英雄 西塘(にしとう)を祀った御嶽(うたき)に立ち寄りお祈りを捧げた後、さらにしばらく歩くと、島の西側に突き出た、今は使われていない桟橋に到着します。

 

この場所こそが日本屈指の夕陽の名所である、竹富島の「西桟橋」です。

 

 冒頭でも触れましたが、八重山地方には〝ニライカナイ信仰〟が古くから根付いています。

 

ニライの語源は、「ニ」(根)・「ラ」(地理的空間を表す接尾語)・「イ」(方位を表す接尾語)で、「根所の方」という意味です。

 

カナイについては、琉球語によく見られる、韻をとるための言葉という説や、「彼方(かなた)」を意味する言葉という説があります。

 

宮古島や八重山地方では、この「海の彼方にある神の世界」のことを〝ニーラ〟といいます。

 

竹富島の西海岸には〝ニーラン石〟(ニーラの石)が大海原に向かって立っており、ここがニライ(根所)から来る神の足がかりの地とされています。

 

この旅の目的地は、そんな神聖な場所だったのです。

 

19:00を過ぎ、徐々に太陽が水平線近くに沈み出すと、空と海の色がなんとも言えない神秘的な色に変わりだします。

 

桟橋では、一瞬「ワアッ」っという歓声があがった後、そのあまりにも美しい光景に、そこにいる誰もが思わず言葉を失いました…

 

上空に少し空の青と緑を残しながら、太陽自身は燃えるような橙に輝き、そこから放射線状に赤、朱、橙、黄色、赤紫、と複雑な光線を発し、その光の束は、ものすごいスピードでこちらに迫ってきます。

 

そしてその途中にどっしりと横たわる大海原を、一気に染め上げてしまいます。

 

はるか向こうにある西表島と、その上に帽子のようにフワフワと浮かぶ雲が、太陽からの力強い光線に遮られ、蜃気楼のようにぼんやりと水平線に映ります。

【竹富島  西桟橋からの夕陽】

それをじ〜っと眺めていると、「本当にあそこに〝ニライカナイ〟があるんじゃないか?」と思えてくるような、不思議な感覚に陥ります。(そんなことはありません、確実にあそこは西表島ですから(笑))

 

しかし、現在のように地図もなく、そう簡単に海を渡ることなど出来なかったであろう 古代の人々は、ひょっとすると同じような感覚に陥り、 はるか水平線の向こうに ぼんやりと霞む黒い影を、「神の国」だと考えたのかもしれませんね。

だから信仰の対象にした。

 

 

僕はそのまま桟橋の先端であぐらをかいて、亡くなった親友を偲び、瞑想しました。

 

ただ目を閉じて、穏やかな波の音に自分の呼吸を合わせ、ひたすら座る…30分もそうしいると頭の中は空っぽになり、自分の身体は完全に自然と一体化します。

 

約1時間経った頃、目を開けると辺りは真っ暗になっており、桟橋に人影はなく、いつの間にか僕1人になっていました。

 

さっきまであんなに神々しい光に染まっていた海も、ひっそりと静まりかえっています。

 

ちょうど真上に昇った弓張月が水面に映り、まるで海月(クラゲ)のようにゆらゆらと海面を漂っていました…

 

死んだ人とは会うことも話すこともできないけれど、こちらから発した〝想い〟や〝祈り〟はきっと届いています。

 

そしてそれを、神秘的な自然現象として返してくれているんだと思います。

 

ある時は「風の音」として、ある時は「海の色」として、そしてまたある時は「星の瞬き」として…

 

こちらがそれを感じとることさえできれば、大切な人との〝対話〟は確実に成立する。

 

僕は、常々そう思っています。

 

 

【追記】

結局この年(2015年)僕は、このあと4月、8月、10月と、まるで誰かに呼ばれているかのように、この場所を訪れています。

そしてなぜか急に、たくさん絵を描くようになりました。

素人なので、お絵かきレベルですが(笑)

 

【竹富島の集落と水牛車】

【竹富島の民家とハイビスカス】

 

 

コメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

LINE通話相談をはじめました!(無料)

●紳士洋服に関する質問・相談
●記事に関する質問・相談

などなどお気軽にご連絡ください!

<手順>
1.LINE@友だち申請(QRコードか下のボタン)

2.返信されるメッセージにそってお申し込み